« 玄海原発四号機 再始動 | トップページ | 焼肉 一手 »

2012年1月 7日

韓国勢に押され…ソニー、有機ELテレビ撤退  【備忘スクラップ4】

読売新聞 1月7日(土)14時33分配信

 ソニーは、次世代薄型テレビの主力となるとみられている有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビの生産を終了した。

 業務用モニターの販売は続けるが、家庭向けは液晶テレビに集約する。一方、韓国メーカーは家庭向け大型有機ELテレビの販売を強化する。テレビ事業を巡る日本勢の苦境が鮮明になった。

 ソニーは2007年に世界初となる有機ELテレビを発売。液晶テレビやプラズマテレビより画像が鮮明で、パネルの厚みも3ミリと薄く、「技術のソニー」の復活を象徴する商品といわれた。小型でも1台約20万円と高額ながら、発売当初は注文が殺到した。

 ソニーは日本メーカーでは唯一、有機ELテレビを製造してきたが、その後の業績不振も背景に、設備投資を抑えていた。このため、韓国勢に対してコスト面や画像の大型化を巡る競争で劣勢に立っていた。

 ソニーは10年に国内販売を終了したが、欧米向け輸出は続けていた。今後は放送局などで使うモニターの販売や研究・開発を除き、国内外で家庭向け有機ELテレビから事実上撤退する。

 韓国・サムスン電子とLGエレクトロニクスは55型の有機ELテレビを12年中にも国内外で販売する方針だ。両社は10日から米国で始まる世界最大の家電見本市「国際家電ショー(CES)」で商品を初公開する見込みだ。
最終更新:1月7日(土)14時33分

 

 

 3004887420_27652cb83c

 

ちょっと泣けてきた。

技術の日本神話が崩れ始め…いや、崩れたのだろう。

SONY製品。好きです。ウォークマンの頃から。

「ソニータイマー」なんて揶揄された頃、ちょっと心が離れたけど、

イヤフォンやモニタリング用のヘッドフォン、デジ一。SONY製です。

あら大して持ってないかも。テレビは・・・あ、スイマセンTOSHIBA製だ。REGZAです。

ウォークマン武道館。

衝撃でした。ジグ・ジグ・スパトニックを、デュラン・デュランのライヴアルバムを

脳味噌溶けるほどの爆音で聴いていた。

 小さな拘りで濃い感動を与えてくれるSONY。純国産にこだわって付加価値の高い

製品を出すメーカーに戻ってくれまいか。規模縮小してでも。無理か。

極めて農耕民族的な経営方針が裏目に出たこのニュース。

中小としても考えさせられるものがある。

やはり攻めねば敗れるのみなのだろうか。

|

« 玄海原発四号機 再始動 | トップページ | 焼肉 一手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292803/43659981

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国勢に押され…ソニー、有機ELテレビ撤退  【備忘スクラップ4】:

« 玄海原発四号機 再始動 | トップページ | 焼肉 一手 »