« 1月の完全失業率は2カ月ぶり悪化 有効求人倍率は8カ月連続で改善 | トップページ | 班目委員長辞意、規制庁発足遅れても「疲れた」 »

2012年3月10日

<自殺者>14年連続3万人超 震災関連で55人

毎日新聞 3月9日(金)11時3分配信

<自殺者>14年連続3万人超 震災関連で55人
拡大写真
自殺者の月別推移
 内閣府と警察庁は9日、11年の自殺統計(確定値)を公表した。

自殺者数は3万651人で前年より1039人減少したものの、

98年から14年連続で3万人を超えた。統計を分析した内閣府は5月に自殺者数が

急増したことを特徴に挙げ、「東日本大震災を背景とする経済的なリスクの広がりが

原因」との見方を示した。

避難所や仮設住宅で発見されたことなどから、震災に関連する自殺と判断されたのは

55人だった。

 5月の自殺者数は3375人で、4月を24%上回り、年間を通じて最も多かった。

内閣府によると、ピークは3~4月や秋にくるのが例年の傾向という。

5月の状況を4月と比較すると、年齢別では30代が44%増、職業別では

「被雇用者・勤め人」が40%増加した。動機・原因別では男性の

「経済・生活問題」が27%増と目立った。

 内閣府は、こうした統計に加え(1)自治体へのヒアリングで震災による経済の悪化を

指摘する声が寄せられた(2)5月に倒産件数の増加を示すデータがある--

ことなどを理由に、震災が経済に悪影響を与えたことが5月の自殺急増に

関係したとみている。

 一方、5月は20~40代の女性の自殺者が4月より45%も多く、

特に5月12日から急増していた。8月まで内閣府参与として政府の自殺対策に関わった

清水康之・ライフリンク代表は、24歳の女性タレントが同日に亡くなったと

報じられたことに着目し、「過剰な自殺報道の影響が大きかった」と指摘している。

 11年の自殺者のうち男性は2万955人、女性は9696人で女性が32%を占め、

14年ぶりに女性の割合が3割を超えた。

年代別では19歳以下が622人と前年を13%上回り、若年層の増加も目立った。

【鮎川耕史】

最終更新:3月9日(金)11時19分

|

« 1月の完全失業率は2カ月ぶり悪化 有効求人倍率は8カ月連続で改善 | トップページ | 班目委員長辞意、規制庁発足遅れても「疲れた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292803/44427181

この記事へのトラックバック一覧です: <自殺者>14年連続3万人超 震災関連で55人:

« 1月の完全失業率は2カ月ぶり悪化 有効求人倍率は8カ月連続で改善 | トップページ | 班目委員長辞意、規制庁発足遅れても「疲れた」 »