« 関電管内で使用制限令検討 | トップページ | (ビジネス知識)国債格下げが日本経済に与える影響について、説明しますの巻 »

2012年5月22日

日本国債を格下げ=債務増大で9年半ぶり―フィッチ

日本国債を格下げ=債務増大で9年半ぶり―フィッチ

時事通信 5月22日(火)18時30分配信

 大手格付け会社のフィッチ・レーティングス(本社ロンドン)は22日、
日本国債の格付けを「AAマイナス」から1段階低い「Aプラス」に引き下げたと発表した。
Aプラスは最上位から5番目に当たる。見通しはネガティブ(弱含み)とした。
日本の財政再建への取り組みが遅れているため。同社の日本国債格下げは
2002年11月以来9年半ぶり。
 フィッチは声明で「日本の公的債務残高が12年末までに国内総生産(GDP)の239%に
達すると予想され、突出して高い水準」と指摘。その上で、
「財政健全化に向けた取り組みが切迫感に欠けると思われることに加え、
その実行は政治リスクが伴う」と憂慮。消費増税についても

最終更新:5月22日(火)20時43分

時事通信

|

« 関電管内で使用制限令検討 | トップページ | (ビジネス知識)国債格下げが日本経済に与える影響について、説明しますの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292803/45368865

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国債を格下げ=債務増大で9年半ぶり―フィッチ:

« 関電管内で使用制限令検討 | トップページ | (ビジネス知識)国債格下げが日本経済に与える影響について、説明しますの巻 »