« 敷地海側トレンチの水23億ベクレル >福島原発現状?⑤ | トップページ | amiens internationalさんツイート>お客様は神様の虚像 »

2013年7月27日

敷地海側トレンチの水23億ベクレル>福島原発現状?⑥

1_2
2_2
◇ルート未特定、まずは地下水の全体像つかめ
 国際原子力機関(IAEA)が、東京電力福島第1原発事故の「収束への最大の壁」と

呼んだ汚染水。これまで一応管理できているとされてきた放射性汚染水が、

海に流出しているという。今そこにある「汚染水危機」の実態は? 防止策はあるのか。
 ◇原子炉建屋から?分かれる見解

 13年前まで福島第1原発の所長を務めていた二見常夫・東工大特任教授(70)は

22日夜、自宅でテレビを見ていた。
 「東京電力が放射性汚染水が海へ拡散している可能性があることを認めました」。

アナウンサーの言葉に「やっぱり!」と思った。すぐに東電のホームページで

情報を確認。

「もっと早くから海への拡散に対応しておくべきだった。

また後手後手に回ってしまった……」。ため息が出た。
6月3日、海から約30メートルの1、2号機近くの井戸から1リットル当たり

50万ベクレルのトリチウム、1000ベクレルのストロンチウム90が検出された。

その後、近くの井戸からも放射性物質が次々と検出され、

7月10日にはセシウム134が1万1000ベクレル、セシウム137は

2万2000ベクレルに上った。ちなみに飲料水の放射性セシウムの基準値は

10ベクレル。

事故直後の暫定規制値でも200ベクレルで、井戸の汚染は深刻だ。
 現在原子炉建屋には、1日約400トンの地下水が流れ込んでいるとみられている。

建屋は1〜4号機とも事故時に大きく破損しているが、線量が高すぎて近寄れず、

詳細はいまだに分からない。
 汚染水はどんなルートで海へ流出しているのか。

東電は「タービン建屋から海へトレンチ(配管などを通しているコンクリートのトンネル)

がのびている。そのトレンチにたまった汚染水が流出している可能性がある」。

トレンチの汚染水は事故時に大量に水が漏れたり、海水を取り込んだりしたもの。

原子炉建屋から汚染水が漏れ続けているわけではないと主張する。

だが、専門家の間で意見は分かれているのが実情だ。
 国の汚染水処理対策委員会の大西有三委員長(67)=京都大名誉教授=は

東電の主張を肯定し「正確には分からないが、爆発した原子炉建屋から

今も流れ出ているわけではないと思う」と話す。

建屋の中の水位を周囲の地下水の水位より低くすることで、

水圧を低くしていることが理由だ。「原子炉建屋のあちこちに亀裂ができ、
そこから地下水が流れ込んでいるだろうが、逆に外へはあまり流れ出ていないはずだ」

と話す。
 一方、二見教授は「原子炉建屋で溶けた燃料に触れて汚染された水が、

現在もタービン建屋を伝ってトレンチに流れ出ている可能性がある」とみる。
毎日新聞

|

« 敷地海側トレンチの水23億ベクレル >福島原発現状?⑤ | トップページ | amiens internationalさんツイート>お客様は神様の虚像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292803/52630471

この記事へのトラックバック一覧です: 敷地海側トレンチの水23億ベクレル>福島原発現状?⑥:

« 敷地海側トレンチの水23億ベクレル >福島原発現状?⑤ | トップページ | amiens internationalさんツイート>お客様は神様の虚像 »